ここから本文です

ハム栗山監督が語る、大谷と清宮に「相通じる」部分 「本質的には全く一緒」

2/12(月) 17:04配信

Full-Count

大谷が日ハムキャンプを訪問、2人は「タイプが全く違う」も…

 日本ハムの栗山英樹監督は、11日(日本時間12日)にアリゾナキャンプを訪問したエンゼルスの大谷翔平投手と、ドラフト1位ルーキーの清宮幸太郎内野手の“共通点”について「本質的なものは全く一緒」と話した。

【画像】「めっちゃうまいです」…杉谷がインスタグラムに「清宮チャーハン」を食べる自身の画像を投稿

 エンゼルスにポスティングシステム(入札制度)で移籍し、アリゾナ州テンピの球団施設で自主トレを行っている大谷はこの日、同州スコッツデールでキャンプ中の“古巣“を訪問。栗山監督、スタッフ、選手らにあいさつした。

 しばらくの間、談笑した栗山監督は「色々と話したよ」と笑顔。メジャーでの活躍にあらためて期待した。球団広報によると、クラブハウスではドラ1清宮と再会し、すれ違う際には「イェーイ」とグータッチを交わしたという大谷。指揮官は、この2人の「相通じる部分」として「野球の本質的なものは全く一緒ですよね。野球を愛していたりとか、野球大好きだったり、野球をやっているときは一番楽しそうにしてるとか、というのは一緒です」と説明。“純粋さ”という部分では、同じものを持っていると感じているようだ。

 もちろん、選手としてのタイプや性格は違う。「けど、タイプが全く違うのでね。そこはあまり比較したりとか、自分の中では別、完全に違うものなので、それは別に考えたりすることはないですけどね」。大谷を意識することなく、あくまで清宮は清宮として、将来は日本ハムを背負って立つような選手になってほしいと願っている。

 清宮は10日(同11日)に打撃練習を再開し、韓国KT戦では守備のみで対外試合デビューも果たした。この日も引き続き打撃練習を行い、順調な回復ぶりを見せている。

盆子原浩二 / Koji Bonkobara

最終更新:2/12(月) 17:10
Full-Count

スポーツナビ 野球情報