ここから本文です

【MLB】「偉大な選手になる」―“元同僚助っ人”たちが米紙で証言、大谷の凄さと課題

2/12(月) 22:30配信

Full-Count

地元紙が特集記事を掲載「オオタニは日本での成功を継続できるか?」

 エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)に新天地でのスプリングトレーニング初日を迎える。「日本のベーブ・ルース」の異名を持つ二刀流のスーパースターにアメリカでも大きな注目が集まる中、地元メディアは続々と特集記事を掲載。地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」は、現在アリゾナ州スコッツデールでキャンプを行っている古巣・日本ハムのチームメートの証言から「二刀流の肖像」に迫っている。

【ハイライト動画】思わず相手打者も尻餅…打者の視界から消える大谷の”えげつない”スライダー

「エンゼルスでショウヘイ・オオタニは日本での成功を継続できるか? 元チームメート、日本球界の人間はそう考えている」

 このようなタイトルがつけられた同紙の記事。真っ先に登場するのは日ハムの主砲、ブランドン・レアード内野手だ。2015年シーズンに日本ハムに移籍した強打者は当初、大谷の実力に懐疑的だったという。

「自分としては、彼はそこまでいい選手ではないだろう、という感じだったんだ。彼についての噂はたくさん聞いていた。とにかく、見てみたかった。一番最初に紅白戦で彼の投球を見ることになった。彼は苦もない様子でね。90マイル後半(の速球)と変化球。彼は僕に証明したんだよ。まったく違う選手だとね」

 大谷が難なく150キロ台のボールを投げ込んできたというフィールドでの“ファーストコンタクト”の瞬間をこう振り返っている。メジャーでは、ミート力、パワー、スピード、守備力、送球の全てを兼ね備える万能型野手を「5ツールプレイヤー」と呼ぶ。エンゼルスで同僚となるマイク・トラウト外野手はまさに「5ツール」だが、レアードは記事の中で「あの年齢で彼は最高の選手の1人だよ。彼はほとんど10ツールプレイヤーだよ。投手としても打者としてもなんでもできてしまうんだ」と証言。従来の天才の2倍相当の「10ツールプレイヤー」だというのだ。

 160キロを超える剛速球や鋭い落差の変化球など「投手・大谷」の実力はアメリカでも知られるところ。ただ、日本では打者としての圧倒的な能力も存分に見せつけてきた。左方向への衝撃的な一発や、右中間最深部への本塁打などでどよめきを呼ぶこともしばしば。2016年には323打数で22本塁打をマークし、長打力.588をマーク。出塁率との合計で出されるOPSは驚異の1.004を記録している。

 米国ではまだまだ投手としての評価が高いが、レアードは記事の中で「打者・大谷」を過小評価してはいけないと主張。「毎日ショーを目の当たりしたんだよ。この3年間、彼の打撃や、修正力を見てきたよ。スマートな打者で、自分が今まで見たこともない凄まじいパワーの持ち主でもあるんだ」と分析していたという。

1/2ページ

最終更新:2/12(月) 22:30
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/16(月) 6:25