ここから本文です

村田愛里咲「ターン」の細かなミス響いた/野田鉄平

2/12(月) 10:46配信

日刊スポーツ

<野田鉄平=モーグル>

<ピョンチャン五輪:フリースタイル>◇11日◇女子モーグル

【写真】決勝1回目の第2エアを決める村田

 1つのミスが命取りになるぐらいレベルが高く、拮抗(きっこう)した展開でした。村田選手は得意のエアでは上位選手と同じぐらい点数が出ていて、タイムも悪くなかった。しかし(1つ目と2つ目のエア間の)ミドルセクションのターンで上半身が動き、足も開いてしまった。ここでの減点が響いたのかなと思います。

 決勝当日は晴天で日中に少し溶けた雪が夜に固まり、コースは予選よりも硬くなっていたと思います。その分、衝撃も伝わりやすく、コブも大きいコースなので、ターンでの細かなミスが目立ちやすい状況だった。彼女は体を動かして攻めていくタイプ。うまくいくと攻撃的に見えますが、タイミングがずれると体がブレているように見えてしまう。

 今回はそれが良くなかった。悔いが残る結果だとは思いますが、彼女の良さは出ていたし、やりきったと思います。(02年ソルトレークシティー五輪代表)

最終更新:2/12(月) 10:53
日刊スポーツ