ここから本文です

小倉優子「全然ですよ~」離婚1年も再婚相手いない

2/12(月) 16:11配信

日刊スポーツ

 タレント小倉優子(34)元プロサッカー選手前園真聖(44)が12日、都内でイベント「ゼクシィBABYおでかけPark」に出席した。

【写真】小倉優子、さんまから「新しい旦那さんどや」に困惑

 この日、総合結婚情報誌「ゼクシィ」が運営するアプリ「BABY+」も紹介され、小倉はママ代表、前園はプレパパ代表として登壇した。

 5歳と1歳の2人の息子がいる小倉は、子育てを「大変だけど、かわいいです」といい、「大変すぎて、大変だと気付かないくらいですが、なるべく一緒にいる時間を大切にしてます」と笑顔で話した。

 シングルマザーになって間もなく1年だが、「やっと今の生活に慣れてきた感じです」。再婚相手の対象にもなる「いい人候補」は「全然(いない)ですよ~」と笑い、「子育てと仕事を両方100で頑張ります!」と、当面の恋愛封印を宣言した。

 昨年末、ジャズダンサーと結婚した前園は「パパになる前のプレパパ代表で参加しましたけど、知らないことばかりで勉強になりました」といい、「妊娠も、子育ても、一緒に考えること、共有することが大事なんですね」とほほ笑んだ。挙式・披露宴については「予定はまだないです。今年か来年あたりで」とした。

 同アプリを運営する尾花晶編集長が、「子育てでは男性が言ってはいけない6つのキーワードがあって、『後でいい』『言ってくれたらやるよ』『仕事があるんだよね』『手伝うよ』『任せるよ』『すごく疲れた』の(それぞれの頭文字を並べた)『あ・い・し・て・ま・す』は、ママの気持ちを逆なですることが多いので、ぜひ控えてください」と話すと、前園がなぜか途中から顔をしかめた。すると「つい最近も言っていた。より気を付けようと思います」と反省の弁を述べ「今の時点でも、知っておくべきことですね」と今後に生かすつもりだ。

 前園は、平昌五輪で活躍するスキージャンプの葛西紀明(45)と同年代。「8度も五輪に出ているだけでもすごい」といい、「ベテランが活躍することで、若手の刺激にもなって、五輪を目指すきっかけにもなるので頑張って欲しいです」と話した。

最終更新:2/12(月) 17:16
日刊スポーツ