ここから本文です

中日、若き投手陣が1安打完封リレー! 韓国ハンファとの練習試合に快勝

2/12(月) 18:01配信

ベースボールキング

小笠原、柳、笠原はノーノー継投!

 中日は12日、韓国・ハンファと練習試合を行い6-0で勝利。今季初の対外試合を快勝で飾った。

 開幕ローテーション入りを目指す若手投手たちが、快投リレーを見せた。まずは先発の小笠原。一死から2番打者を失策で出塁させるも、ハンファの3、4番を寄せつけず無失点スタート。2回は先頭から2者連続の3球三振をマークするなど、わずか8球で3者凡退に退けた。

 この日は直球、変化球とも低目に集め、2回を無安打4奪三振無失点の快投。オープニング投手としての役目を見事に果たし、後続にバトンを渡した。

 2番手は柳。こちらもストライク先行の投球でハンファ打線を翻弄。2イニング目となった4回は3者連続三振で締め、小笠原と同じく2回を無安打4奪三振無失点。しっかりとアピールした。

 3番手は笠原。期待の左腕もテンポのよい投球を見せ、最初のイニングを3者凡退。2イニング目の6回は先頭打者に死球を許したが、セットポジションでも安定感は変わらず、2回を無安打1奪三振1死球の内容で降板した。

 7回からは鈴木翔太。前の3投手が6回まで無安打リレーを続いていたが、右腕は代わり端の初球を痛打され、これが左中間突破の二塁打となった。さらに、次打者のときに二塁へ牽制悪送球。ピンチ拡大かと思われたが、カバーに入った中堅・友永が三塁へ矢のような送球を見せ、これが三塁タッチアウトとなった。

 救われた鈴木は、後続をピシャリ。2イニング目の8回にストレートの四球を与えたが、こちらも2回を1安打1四球無失点と及第点の内容だった。

 6-0の9回に登板したのは、育成選手の木下雄。こちらは球威のある直球でハンファ打線を封じ、1イニングを3者凡退。結局、中日は5人の継投で1安打完封リレー。若い投手陣が見事な競演を披露した。

 打線は初回、新外国人の3番アルモンテが中前適時打を放ち先制。2回は7番阿部が、チーム1号となる2ランを左翼席へ運び3-0とした。5回には再びアルモンテが、一塁手のグラブを弾く右前適時打を放ち4点目。8回には途中出場の加藤、亀沢の適時打で6-0とした。打線も先制、中押し、ダメ押しと理想的に加点。投手陣だけではなく、打撃陣の充実ぶりも光った。

BASEBALL KING