ここから本文です

スーパーGT:GAINERがニッサンGT-RニスモGT3の2台体制に。ニッサン/ニスモがカスタマープログラムを発表

2/12(月) 10:36配信

オートスポーツweb

 日産自動車/ニスモは2月12日、2018年のモータースポーツ活動計画について発表したが、このなかでカスタマーレーシングプログラムについても触れた。スーパーGT300クラスでは、引き続きニッサンGT-RニスモGT3が参戦するが、新たにGT300の強豪GAINERがGT-Rの2台体制に変更されることになった。

【セパンでテストを行う2018年モデルのGT-R】

 国産GT3カーの先駆けとして、これまで国内外で素晴らしい活躍をみせてきたニッサンGT-RニスモGT3。2018年は新たに、競争が増すGT3マーケット向けに『エボルーションモデル』改め『2018年モデル』を投入し、GT300クラスをはじめ、ブランパンGTシリーズ・アジアにも参戦することになった。

 興味深いのはその参戦体制で、スーパーGTでは『GT3オフィシャルパートナーチーム』として、新たにGT300で長年トップチームとして活躍しているGAINERが、MY2018モデルを2台投じることになった。10号車(GAINER TANAX triple a GT-R)は星野一樹/吉田広樹というコンビで、もう1台の11号車(GAINER TANAX GT-R)は平中克幸と、GT500から移る安田裕信が組むことになった。

 また、GT300ではDIJON RacingとTOMEI SPORTSが、従来モデルとなるMY2015のGT-Rで継続参戦。日本国内では、スーパー耐久ST-XクラスにKONDO RACING、ENDLESS SPORTS、GTNET MOTOR SPORTSの3台がMY2015で参戦。モータースポーツ活動を通じて人材育成を図る日産自動車大学校も、KONDO RACING、藤井誠暢とともにGT-Rで参戦する。

 一方、2018年モデルは盛り上がりをみせるブランパンGTシリーズ・アジアにも投入されることになった。参戦するのは、スーパーフォーミュラ等でもお馴染みのKCMG。昨年までアウディを走らせていたチームは、ニッサン/ニスモのGT3オフィシャルパートナーチームとして、2台のMY2018モデルのGT-Rを走らせる。

 現在セパンで開催されているスーパーGTテストでも走行している2018年モデルは、外観も市販GT-Rと同様のグリルに変更されたほか、カナードや大柄なボンネットのアウトレット等、大きく変更されている。また、内面も大きく変更されているようで、運動性能を増しているようだ。

 その他にも、スーパー耐久ST-3クラスではOKABEJIDOSHA motorsportが、フェアレディZ ニスモ RCで参戦する予定のほか、北米IMSAウェザーテック・チャンピオンシップのDPi車両向けのVR38エンジン供給、WEC世界耐久選手権のLMP1に参戦するバイコレス向けVRX30A evo.の供給など、ニスモはさまざまなカスタマーレーシングプログラムを展開していく。

[オートスポーツweb ]