ここから本文です

清掃の2人はねられ死亡 県道で地区活動中 佐賀

2/12(月) 10:27配信

佐賀新聞

 11日午前7時ごろ、佐賀市川副町南里の県道で「軽自動車が2人をはねたようだ」と、通りがかった男性から110番があった。佐賀南署の署員が駆けつけたところ、地区の清掃活動に参加していた近くの中村秀子さん(78)と会社員中島義裕さん(41)が軽乗用車にはねられており、中村さんは体を強く打ち、搬送先の市内の病院で約2時間後に死亡、中島さんも福岡県久留米市内の病院で約9時間後に死亡した。

 佐賀南署によると、現場は見通しのいい片側1車線の道路。亡くなった2人は南里地区で定期的に実施されている清掃活動に参加していた。軽乗用車は大川市内の60代のパート女性が運転し、出勤中だった。詳しい原因を調べている。

 近くに住む中村さんの親族の20代男性は「家の手伝いにもよく来てくれたりして、とても親切だった。悲しくして仕方がない」と話した。

 事故は、今年初めて佐賀県内で発生した交通死亡事故となった。

最終更新:2/12(月) 11:51
佐賀新聞