ここから本文です

ANA、「Adobe Experience Cloud」によりデジタル顧客体験向上の加速へ

2/13(火) 11:30配信

MarkeZine

ANA、「Adobe Experience Cloud」によりデジタル顧客体験向上の加速へ

ANAによる「Adobe Experience Cloud」運用のイメージ

 全日本空輸(以下、ANA)は、アドビ システムズが提供するデジタルコンテンツ管理ホスティングサービス「Adobe Experience Manager Managed Services」および効果的なオンライン広告の出稿や効果の可視化を可能にする「Adobe Media Manager」を導入。デジタルマーケティングのコンテンツ基盤を構築した。

【写真・画像】ANAが提供するカスタマージャーニー

ANAによる「Adobe Experience Cloud」運用のイメージ 同社は、航空券の多くを同社のWebサイトで販売していることから、オンライン上での商品購入体験の改善による売り上げの向上を目指してきた。加えて、国際線市場でエアライン各社のデジタルマーケティングへの取り組みが急速に進んでいる背景を受け、デジタルにおける顧客体験の向上を強化している。

 このような状況の中で同社は、Webやソーシャルメディア、電子メールなど複数のタッチポイントにおいてパーソナライズされたキャンペーンをより効率的に展開できる、デジタルマーケティングのコンテンツ基盤を求めていた。 

ANAが提供するカスタマージャーニー そこで同社は、「Adobe Experience Manager Managed Services」を導入した。これにより、モバイルデバイスを含めたインタラクティブなデジタルコンテンツ基盤の構築が可能になる。また同サービスはホスティングサービスであるため、急なトラフィックの変動に対応できるほか、直感的な操作性によりIT部門を介さず、マーケティング部門で迅速にコンテンツを変更することができる。

 さらに、同社が以前から導入していた「Adobe Analytics」やテスト・ターゲティングソリューション「Adobe Target」、オーディエンス管理ソリューション「Adobe Audience Manager」、MAソリューション「Adobe Campaign」と連携させることで、消費者の分析データに基づいた、パーソナライズな広告展開が可能になる。

最終更新:2/13(火) 11:30
MarkeZine