ここから本文です

ディズニーファンの祭典「D23 Expo Japan」大盛況!TDR35周年に向け熱気高まる

2/13(火) 0:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 東京ディズニーリゾートでディズニーファンイベント「D23 Expo Japan 2018」で2月10~12日に開催。4月に始まる同リゾートの35周年記念イベントに関する特別プログラムなどが実施され、大盛況の3日間となった。

 2018年は、ウォルト・ディズニー・カンパニー95 周年、ミッキーマウスのスクリーンデビューから90周年のアニバーサリーイヤー。さらに、1983年4月15日の東京ディズニーランド開園から35年を迎え、アニバーサリーイベント「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」が4月15日~2019年3月25日に開催される。

 東京ディズニーランドホテルで実施された「東京ディズニーリゾート35周年特別記念展示」では、2020年に東京ディズニーランド内トゥモローランドに新設される「ベイマックス」の新アトラクションや、美女と野獣エリアのイメージマップやコンセプトアート、模型が展示され、「楽しみ」「早く乗りたい」など期待の声が多く聞かれた。

 その他、過去のパレード「ジュビレーション!」のコスチュームや、昨年10月にクローズした人気アトラクション「スタージェット」の車体、シーズナルやアニバーサリーの限定グッズの数々が並び、訪れたファンたちは懐かしそうに思い出にひたっていた。さらに、35周年の限定グッズとして、人気のお土産のひとつであるチョコレートクランチをテーマにした期間限定ショップで取り扱う商品や、ぬいぐるみやTシャツなど定番グッズもお披露目された。

 会期2日目の2月11日には舞浜アンフィシアターでプレゼンテーション&ショーが開催。オリエンタルランドの取締役会長兼CEOの加賀見敏夫氏が、「世界中でここだけにしかないリゾートを追求する」と述べ、「21年以降の開発計画も鋭意検討中で、近く発表できれば」とさらなる発展を約束。同社取締役社長兼COOの上西京一郎氏も登壇し、東京ディズニーランドの昼のパレード「ドリーミング・アップ!」や、夜のスペクタクルショー「Celebrate! Tokyo Disneyland」(7月10日~)の魅力をアピールした。

 この日限りのスペシャルショーでは、過去のアニバーサリーイヤーにスタートしたパレードの曲を中心に構成されたメドレーが披露され、イースター、夏祭り、ハロウィン、クリスマスと四季折々のイベントの名曲とコスチュームの数々が復活。フィナーレでは、35周年アニバーサリーの新テーマソング「BRAND NEW DAY」にあわせて、新コスチュームのミッキーと仲間たちをはじめ、ディズニープリンセスやダッフィーたちが大集合。会場に詰めかけた2000人以上のファンたちは、キャストたちと一緒に踊ったり手拍子したりと大熱狂に包まれた。

 「D23 Expo Japan」は、アメリカで隔年開催されている“究極のディズニーファンイベント”「D23 Expo」のビジョンを受け継いだ日本独自のイベント。3回目となる今回は、「Beyond Imagination~これまでも、これからも、想像を超えて」をテーマに、4月から全国巡回する展覧会「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展~ミッキーマウスから続く、未来への物語~」の初披露など特別プログラムが充実。ウォルト・ディズニー・スタジオをはじめ、マーベル、ルーカスフィルムの新作映画の最新情報が発表されたほか、海外のパークや、人気ゲーム「キングダムハーツ」シリーズのプレゼンテーションなども実施された。連日、早朝から限定グッズや、ユニクロやサマンサタバサとのコラボアイテムを求めるファンで関連施設は大にぎわい。35周年に向けて早くも盛り上がりを見せ、熱気に包まれた3連休となった。

最終更新:2/13(火) 0:00
映画.com