ここから本文です

与正氏には食事接待4回、ペンス氏には1回、安倍氏は0回(2)

2/13(火) 7:18配信

中央日報日本語版

4強(日米中露)首脳のうち、唯一開会式に参加した安倍氏とも円滑ではなかった。開会式とレセプションを除けば、文氏と安倍氏は9日に1時間会談したのがすべてだ。安倍氏に対する韓国政府の高位要人の食事接待もなかった。特に、会談後の青瓦台の発表で公開的な行き違いも明らかになった。青瓦台高位関係者は10日、記者団と会い、「首脳会談で安倍氏が『韓米合同軍事訓練を予定通りに進めるのが重要だ』と延べ、文氏は『内政に関する問題を安倍氏があれこれ言ってもらっては困る』と答えた」と明らかにした。記者が質問したわけでもないのに、「首脳会談に対して追加で申し上げることがある」としてこのように紹介したのだ。

反面、日本政府当局者は首脳会談ブリーフィングの際、「韓米合同軍事訓練関連の言及はあったか」という質問に「両国が北朝鮮に対する圧力を最大限まで高めようということで意見が一致した。これ以上の対話は公開できない」とだけ述べた。首脳間の対話を行った片側が、一方的に内容を公開するのは、外交慣例上あまりないことだ。外交消息筋は「マスコミの報道が先に出てきたわけでもなく、青瓦台が該当内容を自ら公開したため、日本側では安倍氏を恥さらしにしようとしたと受け止められる素地がある」と懸念した。

◆ペンス・安倍両氏、共に移動し親密感アピール

このような雰囲気の中で、韓日米最高級会合も結局は失敗に終わった。代わりに、開会式レセプションの開始前に写真だけ撮った。政府当局者は「多忙な日程の中で、物理的に3者の日程調整を行うことが難しかった。また、韓米、韓日、日米会談がそれぞれ行われたので、懸案に対する3カ国間の議論は十分に行われた」と説明した。だが、ペンス氏と安倍氏がレセプション会場まで同じ車に乗って来て、開会式でもすぐ隣の席に座って会話をしながら、韓日米のうち韓国だけが不在の様子が繰り返し演出された。

これに対し、外交部がその役割を果たすことができなかったという批判がある。実際、北朝鮮の平昌五輪参加のための南北接触局面で外交部は存在感がなかった。初めての接触だった先月9日の南北高官当局会談の時には外交部実務者が参加したが、それ以降の接触からはすべて外れた。

◆韓日米、写真だけ撮って会談は実現せず

当時、会談時の北側代表だった李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員長が非核化議論を直接拒否してから、北核6カ国協議の主務部署である外交部が南北接触から外れるとさまざまなうわさが飛び交った。その後、北朝鮮が制裁違反に該当するような要求をし、統一部がこれを受容・発表すると、外交部は米国や国連安全保障理事会などを相手に制裁例外を認めてほしいと説得する「後始末役」に重点を置くようになった。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は5日、「韓国外交部が文在寅政府の北朝鮮政策にあまり関与できていないというのが米国外交官たちの話」とし「文大統領が金正恩(キム・ジョンウン)の新年の挨拶への対応を協議する時も〔康京和(カン・ギョンファ)〕外交部長官はいなかった」と報じたりもした。

今後、北朝鮮の核問題進展に必須の韓米同盟管理のためには、外交ラインがもっと積極的な役割を果たす必要があるという指摘がある。梨花(イファ)女子大学国際学部の朴仁フィ(パク・インフィ)教授は「これまで韓米同盟と南北関係の間でバランスを取ろうと努力していた文在寅政府が平昌五輪を機に南北関係側に傾いたのは事実」としながら「薄氷板のような対話の動力を継続するには、再び韓米同盟に重きを置いてバランスを取る過程が必要だ」と指摘した。世宗(セジョン)研究所のウ・ジョンヨプ研究委員は「北朝鮮代表団と接触して得た情報を基に米国などとの緊密な協議が必要で、間もなくこのような過程が始まるものとみている」と述べた。