ここから本文です

高齢・障害があっても「さあ、出かけよう」

2/13(火) 15:30配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

身体に障害がある人や高齢者の旅の楽しみ方を考えるシンポジウムが熊本市で開かれました。
シンポジウムではボランティアスタッフで訪問看護師の吉良泰代さんが74歳になるALS=筋委縮性則索硬化症の男性とその家族の東北旅行に同行した報告が行われました。
吉良さんは「交通機関の乗り換えや宿泊先での入浴など大変な部分もあったが、事前に宿泊先の設備などこまやかな手配をすることで周囲の協力も得ることができ本人も家族も楽しめた」と報告しました。
また、旅をした後は、「長生きして旅を楽しみたい」と男性夫婦に目標ができるなど旅を通して大切な時間が過ごせたと感じたということです
「(障害がある人が)どんどん勇気をもって外に出かけていただきたいそうすることで社会が変化するのではないかと思います。」(主催者 旅のよろこび宮川和夫さん)

RKK熊本放送

最終更新:2/13(火) 15:30
RKK熊本放送