ここから本文です

NCAとシンガポール航空カーゴ、成田発便でコードシェア 連携強化へ

2/13(火) 18:50配信

Aviation Wire

 日本貨物航空(NCA/KZ)とシンガポール航空カーゴ(SQC/SQ)は2月13日、パートナーシップ構築に向けた覚書(MoU)を締結したと発表した。NCAが運航する成田発シンガポール行きで、4月1日からコードシェア(共同運航)を開始する見込み。

 NCAは現在、成田-シンガポール線を週6便運航。機材はボーイング747-400F型貨物機で、成田発週6便のうち、週5便を関西経由、1便を直行便で運航している。シンガポール発は、6便ともバンコク経由で運航する。

 今回対象となるコードシェア便は成田発のみ。シンガポール発については、現段階ではコードシェアを設定せず、今後検討を進める。

 シンガポール航空カーゴは、シンガポール航空(SIA/SQ)の100%子会社の貨物航空会社で、747-400Fを運航。このほか、シンガポール航空やグループのシルクエアー(SLK/MI)、スクート(TGW/TR)が運航する、旅客機の貨物室を使った航空貨物輸送も担う。

 成田には現在、貨物専用便は運航せず、シンガポール航空とスクートの旅客便を使用し、貨物を輸送。それぞれ1日2往復ずつ運航している。このほか、羽田への旅客便1日3往復でも貨物輸送を担っている。

 シンガポール航空カーゴは、シンガポール航空本体への再統合を予定している。2018年上期に統合を終える見通しで、統合後は同航空の貨物部門になる。

Yusuke KOHASE

最終更新:2/13(火) 18:50
Aviation Wire