ここから本文です

平昌五輪「開会式」視聴率は28・5% メダル獲得の12日ハイライトは24・8%の高視聴率

2/13(火) 11:03配信

東スポWeb

 9日夜にNHK総合で生中継された平昌五輪「開会式」(午後7時55分から)の平均視聴率が28・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。

 平昌五輪には過去最多となる92か国・地域、2900人超の選手が参加。日本は入場行進の62番目に登場。冬季五輪史上最多8度目の出場を果たしたノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明(45=土屋ホーム)が旗手を務め、「平和」をテーマにしたセレモニーには自国のスター選手、元プロ野球選手の李承ヨプ氏(41)、女子ゴルフの朴セリ(40)の姿も見られた。注目された聖火リレーの最終ランナーは、バンクーバー五輪フィギュアスケート女子金メダリストのキム・ヨナ(27)が務めた。

 フリースタイルスキー男子モーグルの原大智(20=日大)、スピードスケート女子1500メートルの高木美帆(23=日体大助手)、ジャンプ女子のノーマルヒル・高梨沙羅(21=クラレ)がメダルを獲得した12日の「デイリーハイライト」(NHK総合=午後11時20分から)は24・8%(同)を記録した。

最終更新:2/13(火) 11:03
東スポWeb