ここから本文です

俳優イ・ジュン、デマで終わった思いがけない軍自殺説…「20分」の衝撃

2/13(火) 8:20配信

中央日報日本語版

俳優イ・ジュンが思いがけない自殺説デマで困惑に陥った。衝撃的なニュースはあっという間に広がり、既成事実化されたようにもみえたが、20分後には「デマ」ということで収束した。

12日、あるメディアは軍関係者の言葉を引用してイ・ジュンが軍隊で自殺を図ったと報じた。この報道によると、イ・ジュンは関心兵士教育プログラムであるグリーンキャンプに送られた後、軍幹部に手首を見せて自殺を図ったという。

しかし、イ・ジュンの所属事務所「Prain TPC」側は「某メディアが言及したような『手首を見せて自殺未遂を図った』『“グリーンキャンプ”にいる』などの内容は、イ・ジュンの家族を通じて確認した結果、事実ではないことをお知らせする」と直ちに対応した。

20分後に公式立場を発表した所属事務所の素早い対処でさらなる大きなデマを遮断することができた。一瞬のうちに広がったSNSのコメントも徐々に減り、ファンは安堵のため息をついた。

イ・ジュンはグループMBLAQ(エムブラック)のメンバーとしてデビューし、ドラマで個性ある主役を演じて「演技アイドル」として多くの難しい役どころに挑戦してきた。また、これまで誠実で正しい生活をする青年というイメージで高い好感を誇っていただけに今回の件による衝撃は大きかった。

軍生活でも正しいイメージはそのままだった。イ・ジュンは昨年10月、京畿道(キョンギド)抱川(ポチョン)にある陸軍第8師団新兵教育大に入所した。訓練所で1等の成績を収めて師団長表彰を受け、模範軍人に選ばれていた。