ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【韓国】マイクロLEDTVで中国と提携、サムスン

2/13(火) 11:30配信

NNA

 12日付電子新聞は、韓国のサムスン電子が小型発光ダイオード(LED)で画面を形作る次世代パネル技術「マイクロLED」を搭載したテレビの商用化を目指すと伝えた。小型LEDは、中国最大の発光ダイオード(LED)メーカー、三安光電から調達する。
 報道によると、両社は3年間、排他的協力関係を維持する。サムスン側は戦略的提携に向けてまず、1,683万米ドル(約18億円)の支払いを約束したという。
 サムスン電子にもLED事業部があるが、三安光電との提携を決めた背景には三安光電の技術力が決め手となった。サムスンのLED事業は中国企業による低価格攻勢により赤字に陥り、マイクロLEDという新たな市場に進出できずにいるもよう。
 サムスン電子の広報担当者はNNAの取材に対し、「事実関係は確認できない」と答えた。

最終更新:2/13(火) 11:30
NNA