ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「西郷どん」第6話視聴率は好調維持15・1%

2/13(火) 11:35配信

東スポWeb

 11日に放送された俳優・鈴木亮平(34)主演のNHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜午後8時)の第6話平均視聴率が15・1%だったことが13日、分かった。

「西郷どん」は明治維新の立役者・西郷隆盛の激動の生涯を新たな視点から描く。直木賞作家・林真理子氏(63)の原作で、中園ミホ氏(58)が脚本を手がける。

 誰もがよく知る歴史上の偉人を新たに描くとあって大きな注目を集めているが、視聴率は第1話15・4%→第2話15・4%→第3話14・2%→第4話14・8%→第5話15・5%と推移。前回自己ベストを更新し、このまま勢いに乗って数字を伸ばしていくと思われたが、今回0・4ポイントダウン。それでも15%台をキープし、好調を維持している。

※数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ

最終更新:2/13(火) 11:35
東スポWeb