ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

波瑠と西島秀俊が初共演、小森陽一の小説「オズの世界」映画化

2/13(火) 8:00配信

映画ナタリー

波瑠と西島秀俊の初共演作「オズランド」が、2018年秋に東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国で公開されることがわかった。

【写真】波瑠(他2枚)

「ヒロイン失格」「レオン」の吉田恵里香が脚本を手がけ、ドラマ「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」の波多野貴文が監督を務める「オズランド」の原作は、小森陽一の小説「オズの世界」。超一流ホテルチェーンに就職した主人公・波平久瑠美は、系列会社が運営する地方の遊園地グリーンランドに配属されることになる。彼女を待っていたのは、広大な田園風景とそこに突如現れる遊園地、そして数々の企画を成功させてきた“魔法使い”と呼ばれる社員・小塚慶彦ら個性的な従業員の面々。支社で目覚ましい成果を上げた社員が好きな部署に異動できることを知った久瑠美は仕事に邁進するが失敗だらけで、自分の未熟さを痛感する。だが、小塚の叱咤を受けながらも、徐々に働くことの楽しさを知っていく久瑠美。そんなある日、久瑠美は小塚の秘密を知ってしまう。

久瑠美役の波瑠は西島について「これからもご一緒したい大好きな先輩です。まっすぐで思いやりのある魔法使いは西島さん以外にはできません」とコメント。一方、小塚役の西島は波瑠を「第一印象は『頭のいい人』です。また、素直でまっすぐな心を持った真面目な方だと思いました。撮影に入ってから色々と話していると、とにかく頭の回転が早くて面白い。また是非共演したいと思います」と称賛している。

波瑠 コメント
台本を読んだときの感想
今回は嫌な人が登場しない物語だったので、波平が挫折や困難に感じることは全部自分に原因があるということを意識していました。先輩の言うことを意地悪に感じたり、自分はもっと大きな仕事ができると思い込んだり。社会人になった多くの人が通った道ではないでしょうか。環境や状況のほとんどは、自分の感じ方や向き合い方でどうにでも変わっていくのだと波平として過ごした時間の中で、私も改めて考えることができました。

初共演の西島秀俊について
西島さんとは今回が初めてだったのですが、これからもご一緒したい大好きな先輩です。まっすぐで思いやりのある魔法使いは西島さん以外にはできません。

撮影現場での思い出
現場でたくさんの人にナミヘイと呼ばれました。波多野監督が撮影の始まった当初は僕だけでもちゃんとナミヒラと呼びますよ!と言ってくれたのですが、結局終わる頃にはナミヘイになってました(笑)。でもナミヘイと呼ばれ続けた1ヶ月が今はとても愛しいのです。

西島秀俊 コメント
台本を読んだときの感想
とにかく面白い台本で、是非参加させてもらいたいと思いました。この映画の登場人物達はとてもチャーミングですが、実際に遊園地で働いていらっしゃる方をモデルにしています。皆さん個性的かつ魅力的な方々で、実際お会いしてからより演技が楽しくなりました。

初共演の波瑠について
波瑠さんの第一印象は「頭のいい人」です。また、素直でまっすぐな心を持った真面目な方だと思いました。撮影に入ってから色々と話していると、とにかく頭の回転が早くて面白い。また是非共演したいと思います。

撮影現場での思い出
今回は穏やかで明るいスタッフ、キャストが集まっていたので、本当に楽しく撮影ができました。毎日遊園地で撮影していた事もあって、1ヶ月夢を見て過ごしているような素晴らしい現場でした。その空気がきっとこの作品に魔法をかけていると思います。

波多野貴文 コメント
波瑠の印象
波瑠さんは、とてもナチュラルな人です。透明感の中にも印象的な瞳にスーッと惹きこまれる様に映画「オズランド」の世界観に連れ去ってくれます。

西島秀俊の印象
西島さんは、笑顔がとても素敵で、いつの間にかその場にすっと現れ周囲をも笑顔に変えてくれる、まるで今作の魔法使い小塚のような方でした。

本作について
映画「オズランド」は、私の地元熊本での撮影という事もあり、とても思い入れの深い作品となりました。ご覧になるすべての方が、明日への活力となる様にと思いを込めて作っています。何も事件が起きない、誰も悪い人がいない、平和の象徴である遊園地を、楽しんで頂けたら幸いです。

(c)小森陽一/集英社 (c)2018 映画「オズランド」製作委員会

最終更新:2/13(火) 8:00
映画ナタリー