ここから本文です

ヤマハ、雪辱へ始動 草薙でキャンプ入り

2/13(火) 8:15配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 社会人野球のヤマハが12日、草薙球場でキャンプ入りした。初日は風花が舞う寒さとなったが、守備、打撃練習に取り組んだ。キャンプは22日まで。13日からシート打撃など実戦形式の練習も行い、25日のオープン戦に向けて調整していく。

 昨季のヤマハは都市対抗の出場を逃し、日本選手権は初戦で敗れた。悔しさを晴らそうと、多くの選手が居残り練習に精を出すなど気合が入っている。青柳主将は「全員が『今年はやってやるぞ』という気持ち。(新人の加入もあり)高いレベルで競争になる。一日一日が勝負のつもりでキャンプに臨む」と力強く語った。

 美甘監督は「去年、結果が出なかった選手が台頭してこないと、チームは活性化しない。決意を持って、個々の課題を明確にして取り組んでほしい」と期待した。

 新加入の4選手も参加。「キャンプで追い込み、ブルペンで立ち投げができる程度まで上げていく」と左腕池谷(静岡高)。右腕水野(静岡高出、明大)も「シーズンを乗り切る体力づくりと(戦力としての)アピールをしたい」と意欲を見せた。

静岡新聞社