ここから本文です

山形で「三十路式」 山形ゆかりの30歳、150人 /山形

2/13(火) 11:01配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 山形国際ホテル(山形市香澄町3)で2月11日、山形県にゆかりのある30歳のための式典「山形三十路(みそじ)式」が開催された。
(山形経済新聞)

 当日会場には県内外から150人を超える参加者が集まった。久々に顔を合わせた同級生や、初めて会った参加者同士が共通の話題で盛り上がるなど、会場は終始和やかなムードに包まれた。

 山形市内から参加した女性は「中学校卒業以来の友達に久しぶりに会えてうれしかった。結婚や、仕事で独立した話などを聞いて、みんな大人になったなと実感した」と話した。

 式典では参加者と同じ30歳のテレビユー山形アナウンサー渡部有さんが司会進行を務めたほか、ゲスト企画として、阿部派一刀流、阿部吉宏さんの抜刀による祈願や、マインドコンサルタント三須隼人さんのセミナー、山形出身のシンガー・ソングライター阿部祐也さんのライブパフォーマンスなど、さまざまなイベントが執り行われた。

 昨年初めて開催された同式典は、有志で集まった次の代へと引き継がれ、今年2回目の開催が実現した。実行委員長の後藤久依さんは「自分たちでやってみて、改めて去年の先輩方の凄さを感じた。準備は大変だったが、参加者が楽しそうにしてくれてよかった。同じ30歳同士が集まり交流するいい機会になったと思う」と笑顔を見せた。

抜刀で30歳のご祈祷

みんなの経済新聞ネットワーク