ここから本文です

VideoLAN、「VLC 3.0 Vetinari」をリリース ~定番メディアプレイヤーのメジャー更新

2/13(火) 8:57配信

Impress Watch

 仏VideoLAN Projectは9日(現地時間)、マルチプラットフォーム対応のマルチメディアプレイヤー「VLC media player」v3.0.0(コードネーム:Vetinari)を公開した。Windows/Windows Phone版のほかにも、Mac、Linux、BSD、iOS、Android向けが一斉にリリースされている。

【この記事に関する別の画像を見る】

 3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「VLC 3.0 Vetinari」ではコア機能の強化が図られた。たとえば、SMB、FTP、SFTP、NFSといったプロトコルが新たにサポートされ、ネットワークを介したメディアブラウジングが大きく強化された。“Chromecast”デバイスへのストリーミングもサポートされており、「VLC」を利用すれば“Chromecast”がネイティブ対応していないフォーマットもリビングの大画面TVで楽しめる。

 そのほかにも、360度ビデオ、3Dオーディオ、HDRといった昨今注目を集めている技術も標準でサポートされた。“BD-J(Blu-ray Disc Java)”やHDオーディオコーデックのHDMIパススルーなどへ対応したのも大きな変更点といえる。

 また、本バージョンではすべてのプラットフォームでハードウェアアクセラレーションが有効化され、デコードとレンダリングが大幅に高速化された。4K/8K時代の標準フォーマットと目されるH.265/HEVCビデオも、Windows版ならば“DXVA 2.0”と“Direct3D 11”を利用してハードウェアデコードできる。

 「VLC media player」は、追加のコーデック不要でさまざまなフォーマットが再生できるオープンソースのマルチメディアプレイヤー。Windows向けは、Windows XP以降で利用できるデスクトップ版「VLC media player」、Windows 10専用のUWP版「VLC」、Windows Phone版「VLC for Windows Phone」の3つがラインナップされており、いずれもVideoLANのWebサイトから無償でダウンロード可能。デスクトップ版は窓の杜ライブラリからもダウンロードできる。

ソフトウェア情報「VLC media player」Windows デスクトップ版【著作権者】the VideoLAN Team【対応OS】64bit版を含むWindows XP/Vista/7/8/8.1/10【ソフト種別】フリーソフト(寄付歓迎)【バージョン】3.0.0(18/02/09)「VLC」UWP版【著作権者】the VideoLAN Team【対応OS】Windows 10【ソフト種別】フリーソフト(寄付歓迎)【バージョン】3.0.0(18/02/09)

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:2/13(火) 8:57
Impress Watch