ここから本文です

Webアプリ技術「PWA」がブレークへ? Microsoftもサポート

2/13(火) 11:31配信

Impress Watch

 Microsoftが、「PWA」(Progressive Web Apps)をWindows 10でサポートすることを明らかにした。PWAはWebアプリケーションの標準で、マルチプラットフォームに対応する注目技術だ。もともとGoogleが主導してきた技術だが、Microsoftのサポートで普及が進むことが期待される。今年はPWAがブレークする年になると見る専門家も多い。

■Webとアプリの“イイトコ取り”

 PWAは、JavaScriptなどのWeb技術を基盤としながら、ネイティブアプリのような振る舞いができるWebアプリケーションだ。ネイティブアプリの要素を備えるプログレッシブな強化を基本理念としていることから名付けられた。Android上でブラウザアプリを動かすにあたって課題を抱えていたGoogleが2015年ごろに打ち出したものだ。

 リソースをローカルに保存できることから起動が高速で、オフラインにも対応。ホーム画面へのアイコンインストールやプッシュ通知などの特徴を備え、ユーザーからはネイティブアプリと同じように見え、アドレスバーなしのフル画面表示で利用できる。

 Webと別にバックグラウンドで実行されて高速な読み込みを可能にする「Service Worker」、アプリの起動や表示を制御できる「Web App Manifest」などの技術に支えられている。

 Googleは、Google Mapsをはじめ、Sports、TrafficなどのサービスのPWA版を進めている。また、Chrome OSでもサポートしており、2018年中にChrome OS搭載PCでPWAをインストール可能にする計画も明らかにしている。

クラウド Watch,岡田陽子=Infostand

最終更新:2/13(火) 11:31
Impress Watch