ここから本文です

広島・高橋大、昇格弾「そりゃ1軍よ。一発回答したんだから」将うならせた!

2/13(火) 9:01配信

デイリースポーツ

 「広島紅白戦、紅組5-3白組」(12日、天福球場)

 広島の高橋大樹外野手(23)が12日、2軍から唯一参加した紅白戦で結果を残し、13日からの1軍昇格を勝ち取った。二回無死一、二塁から左越えに3ラン。鈴木と同期入団の12年度のドラフト1位が持ち味の長打力を発揮。次は開幕1軍入りを目指す。

 限られた打席で最高の結果を残してみせた。高橋大は「めっちゃ、うれしかったです」と素直な気持ちを言葉に乗せた。二回無死一、二塁で中村祐の直球を左翼席へ。自らの道を切り開く値千金の3ランだ。

 2軍から紅白戦のメンバーに唯一、抜てきされた。「そりゃ1軍よ。一発回答したんだから」。緒方監督は13日からの1軍昇格を明言。迎打撃コーチも「結果を出せば1軍に上がれる。2軍の士気も高くなる」と話した。

 1月にはソフトバンク・柳田と広島で初めて自主トレを共にした。「ギータさんにはいろいろ教えてもらった。力を抜いてバッとバットを出すイメージとか」。この日、放った一発はフルカウントから。追い込まれても力を抜き、インパクトの瞬間だけに集中したことが結果につながった。

 昨季はウエスタンで99試合に出場して打率・288、4本塁打を記録した。昨秋キャンプでも打撃は首脳陣から高評価を得ていた。柳田の助言で確実性がアップ。12年度ドラフト1位が、自らの殻を破りつつある。

 未完の大器がチャンスをつかみ取った。「僕の取りえは打撃。打つしかないんです。次もいい打球を見せていきたい」。その長打力で、開幕1軍争いに参戦する。