ここから本文です

日本ハム中田、実戦初打席で適時打 侍J稲葉監督見守る中で…

2/13(火) 9:16配信

デイリースポーツ

 「日本ハム春季キャンプ紅白戦、紅組7-1白組」(12日、スコッツデール)

 中田が紅組の「4番・指名打者」で先発出場し、今年の実戦初打席で先制タイムリー。侍ジャパンの稲葉監督が視察した試合で、いきなり結果を出した。

 初回2死二塁で迎えた第1打席。カウント2-1から、先発・村田のボールをフルスイング。打球は左中間で弾み、二走・渡辺が先制のホームを踏んだ。

 右肩炎症でスローイングを抑えている状況だが、打撃の調整は順調に進んでいる。試合後は、稲葉監督のアドバイスを受けながら約40分間の特打。「(東京五輪は)一からアピールして、自分自身でつかみ取るものだと思います」。日の丸の指揮を執る将は「当然、2020年の東京オリンピックも彼を見ていきたいと思います。個人的なことになってしまいますが、入ってほしいという感情もある」とエールを送った。