ここから本文です

羽生、3回転半締め!95日ぶり公の場で滑った/フィギュア

2/13(火) 7:00配信

サンケイスポーツ

 平昌五輪第4日(12日、江陵アイスアリーナ)フィギュアスケート男子で66年ぶりの連覇を狙う羽生結弦(23)=ANA=が12日、会場の練習リンクで初滑りに臨んだ。右足首のけがから復活を目指す五輪王者は、負傷した昨年11月9日のNHK杯公式練習以来95日ぶりに氷上での姿を披露。1回転ジャンプを中心に感触を確認した。15分間の調整で全6種類10本を跳び、最後はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させた。

 詰めかけた約100人の報道陣に見せつけるような1本だった。95日ぶりに氷上での姿を披露した羽生。練習の最後、トリプルアクセルを決めた。負傷した右足首を気にするそぶりはない。40分間の公式練習を15分で切り上げた。

 「お疲れさまです。ありがとうございます。明日(会見があるので)お願いします」

 額に汗を浮かべた羽生は短い言葉を残し、足早に取材エリアを通過した。

 午後7時に迫る頃。約15台のテレビカメラと50台のスチールカメラが一斉にリンクを向いた。海外メディアのTVリポートも始まる中、五輪王者は同7時5分から練習を開始。氷の感触を確かめるように、ゆったりとしたスケーティングから入った。

 7分後にジャージーを脱ぎ、徐々にペースアップ。間もなく、緩やかな助走から1回転トーループを跳んだ。2回転トーループをはさみ、サルコー、フリップ、ルッツ、ループと1回転ジャンプで状態を確認。半回転アクセルを降りて、10本目となったラストでトリプルアクセルを披露。着氷でほんの少し乱れたが、王者らしくこらえた。

 コーチのブライアン・オーサー氏(56)は今月6日に、負傷の原因となったルッツを除くループ、サルコー、トーループの4回転3種類は練習していることを明かしていた。しかしこの日は4回転ジャンプは跳ばなかった。

 会場行きのバスに乗り合わせ、羽生と同じ時間帯に練習した田中刑事(23)は同学年の親友と会話を交わしたという。「『大丈夫?』と聞いたら、『うん、大丈夫』と。思っていた以上に元気で安心した」と明かした。

 羽生は13日に本番リンクで公式練習を行い、記者会見に臨む。個人種目で16日のショートプログラム(SP)、17日のフリーに集中する。

 前日11日に現地入りした際は「やはり2連覇したい。どの選手よりも一番、勝ちたいという気持ちが強くある」と力強く語っていた。絶対王者が勝負のリンクに舞い戻るまで、あと3日だ。