ここから本文です

DeNAソト 今永から2連発 阪神戦4の0から“大変身”

2/13(火) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇DeNA紅白戦 紅組4―3白組(2018年2月12日 宜野湾)

 アメージングな2打席連発に、球場のファンから大きな拍手が湧き起こった。DeNAの新助っ人、ソトが紅組の「3番・三塁」で出場し、初回2死から初球143キロ直球を捉えた。左翼の防球ネット直撃の推定130メートル弾を叩き込むと、3回2死で回ってきた第2打席でも、3ボールからの144キロ直球を左翼席へ運んだ。

 「凄く感触は良かった。内野はいい選手ばかりだが今日はいいアピールができたね」

 ソロ2発は昨季11勝をマークした今永の直球をはじき返したのだから、価値も大きい。振り回すだけではない。5回には追い込まれながら四球を選んだ。来日デビューとなった11日の阪神戦では4打数無安打も、この日はわずか一日で大変身。ラミレス監督も「素晴らしい4打席だった」とご満悦だ。

 プエルトリコ出身の28歳。昨年10月に入団テストを受験し、加入が決まった。前夜には初めて寿司を食べに行った。中南米では生魚を食べる慣習はなく「日本の食事は好き。寿司を食べたがアメージングだったよ」と笑顔。外国人選手が成功するためには、日本文化に順応することが大切という指揮官の考えを体現している。

 ソトが結果を残したことで、激しい外国人枠争いが勃発する。「これから一日一日のパフォーマンスを見ていく」と指揮官。4番・ロペス、先発のウィーランド、セットアッパーのパットンの1軍は確定。残り1枠をエスコバー、バリオスと争うが、ソトは「毎日、こういう結果が出せるように頑張る」と闘志を燃やしていた。 (中村 文香)