ここから本文です

児童の顔蹴った疑い、教諭を書類送検 鼻の骨折れる重傷

2/13(火) 14:14配信

朝日新聞デジタル

 北九州市若松区の市立小学校で1月、20代の男性教諭が6年生の男児の顔を蹴って重傷を負わせた事件で、福岡県警が、この教諭を傷害容疑で福岡地検小倉支部に書類送検したことがわかった。捜査関係者が明らかにした。送検は今月9日付。

 捜査関係者によると、男性教諭は1月23日午前、保健室の前の廊下で男児の顔を蹴り、鼻の骨が折れる重傷を負わせた疑いがある。

 教諭は市教委の聞き取りに対し、インフルエンザの流行で保健室に大勢の児童がいたが、男児が高熱ではなかったため教室に戻そうとしたところ、拒まれたと説明。「感情的になってしまった」と暴行を認めていた。男児は一時気を失って入院。保護者が福岡県警に被害届を提出していた。(夕刊既報)

朝日新聞社