ここから本文です

ヒュー・ジャックマン イベント進行無視してひたすらファンサービス

2/13(火) 20:08配信

東スポWeb

 オーストラリア出身の俳優ヒュー・ジャックマン(49)が13日、都内で行われた主演映画「グレイテスト・ショーマン」(16日公開)のPRイベントに出席した。

 イベントは寒空の下、屋外で行われたにもかかわらず、約300人のファンが集結。ジャックマンは「本当に日本に来るのが大好き。この映画は製作するまで7年半もかかったので、この映画を紹介することに興奮しています」と笑顔を見せた。

 イベントには、同映画の出演者で主題歌も担当する歌手キアラ・セトル(42)も登場し、主題歌「ディス・イズ・ミー」を生披露。歌唱する前にジャックマンは「彼女は最高の女優で歌手。人間的にも素晴らしい人」と称賛した。

 歌唱後には、2人揃ってのフォトセッションが行われる段取りになっていたが、なぜかジャックマンはこれを無視。自ら舞台を下りて観客の元に行き、ファンサービスを始めた。何度か司会者から戻るよう促されたが、なかなか戻ってこなかった。

 しばらくしてから一度だけ舞台に戻ったが、すぐに下りてまた観客の元に。結局、予定されていたフォトセッションの時間はなくなってしまい、報道陣からは「段取りと違うだろ!」と不満の声が漏れた。

最終更新:2/13(火) 20:08
東スポWeb