ここから本文です

全国初“市役所庁舎とホテルが一体化”複合施設 橿原市に誕生

2/13(火) 19:09配信

MBSニュース

MBSニュース

 市役所の庁舎とホテルが一体となった、全国で初めての複合施設が奈良県橿原市に誕生しました。

 橿原市の近鉄大和八木駅前に誕生した複合施設「ミグランス」。市のシンボルであるトビの学名から名づけられました。総事業費は約97億円で、1階から4階は橿原市役所の分庁舎として使われ、5階から10階が民間が運営するホテルとなっています。

 「『ミグランス』とともに飛び立って参るというその気持ち、前進するという気持ちを忘れずに進んで参りたい」(森下豊 橿原市長)

 分庁舎の業務は13日から始まっていて、ホテルは15日にオープンします。この複合施設をめぐっては、ホテルの建設費用をすべて税金で賄うことや近隣の宿泊施設の経営を圧迫する恐れがあることに懸念の声が出ています。

MBSニュース

最終更新:2/13(火) 19:09
MBSニュース