ここから本文です

男子ハーフパイプ、平野は予選3位=女子は松本と冨田が入賞〔五輪・スノーボード〕

2/13(火) 10:43配信

時事通信

 スノーボードは13日、男子ハーフパイプの予選が行われ、2014年ソチ五輪銀メダルの平野歩夢(木下グループ)は95.25点で3位となり、12人による14日の決勝に進んだ。
 片山来夢(バートン)は5位、16歳の戸塚優斗(チームヨネックス)は10位で予選を通過。ソチ五輪銅の平岡卓(バートン)は13位で敗退した。ショーン・ホワイト(米国)が98.50点の高得点をマークし、予選トップとなった。
 女子ハーフパイプ決勝では松本遥奈(クルーズ)が6位、冨田せな(新潟・開志国際高)は8位となり、この種目で初めて日本勢2人が入賞。クロエ・キム(米国)が金メダルを獲得した。 (時事)

最終更新:2/13(火) 16:33
時事通信