ここから本文です

【黒岩敏幸 分岐点】群を抜くテクニック…美帆、プラン通りのレース運び

2/13(火) 9:10配信

スポニチアネックス

 ◇平昌冬季五輪 スピードスケート女子1500メートル(2018年2月12日)

 高木美はプラン通りのレースだったと思う。課題だったラスト1周も粘った。3000メートルでは右足を置く位置が体の中心から少し外れて、ストレートの伸びを欠いたが、その技術的な問題も修正できていた。ただブストが強かった。W杯前半戦で勝っていなくても合わせてくる能力はさすがベテランだ。

【写真】泣きながらコーチの元に寄る高木美帆

 高木美に1つミスがあったとすれば、スタート直後にバランスを崩したこと。最初に微妙なタイミングでフライングを取られた影響があったのかもしれない。

 日本選手にとっては価値のあるメダルだ。1500メートルはスピードとスタミナの両方を求められる難しい種目。ラスト1周で失速しやすく、滑る前には恐怖心も出る。サイズで劣る日本選手はなかなか勝負できずにいた。高木美はこの4年間でスタミナをつけて技術を磨いた。カーブで、左足が流れずに、最後までしっかりと氷をとらえるテクニックは群を抜く。技術で欧米の選手に勝てるようになった。調子は上向いており、1000メートルも楽しみになってきた。(92年アルベールビル五輪500メートル銀メダリスト)