ここから本文です

20本の充電池を次々と充電する「エネロイド」に、時計とUSBポート付きモデル

2/13(火) 14:17配信

Impress Watch

 ケンコー・トキナーは、20本の単三形充電池を自動で充電する「ENEROID(エネロイド)」の新モデル「EN20D」を、2月16日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は19,000円前後(税抜)。

【この記事に関する別の画像を見る】

 最大20本の単三形充電池を手軽に充電できる充電器。本体に4つの充電スロットを内蔵し、ボタンを1回押すだけで4本の充電池を同時に急速充電できる。充電完了した電池は下部の保管スペースに格納され、空きスロットには自動で新たな充電池が挿入され充電が始まる。付属の変換アダプターを使えば、単四形充電池の充電も可能になる。

 電極を自動判別する仕様のため、「+」「-」を気にせずに、20本まとめて電池挿入室に入れられる。このほか、電圧低下を解消する「リフレッシュ」機能も搭載。電池を切らずに継ぎ足し充電を繰り返すと、一時的に電池の電圧が低くなる現象(メモリー効果)が起こるが、充電池をリフレッシュすることで、メモリー効果による電圧低下を防げるという。

 新モデルでは、時計表示とUSB出力端子を新たに採用。USB出力端子は、2Aを1ポート、1Aを2ポート備え、外部機器に給電できる。

 電池タイプは、ニッケル水素およびニカド充電池に対応。4本の充電池をフル充電するのに掛かる時間は、電池容量950~1,000mAhで約35分~40分、2,400~2,500mAhで約75~100分。

 本体サイズは約92×120×212mm(幅×奥行き×高さ)。重さは約640g。時計表示は12時間。ACアダプター、単四形→単三形変換アダプター4本が付属する。カラーはホワイト。

家電 Watch,西村 夢音

最終更新:2/13(火) 14:17
Impress Watch