ここから本文です

高梨「楽しんで飛べた」=原と一夜明け会見〔五輪〕

2/13(火) 11:59配信

時事通信

 【平昌時事】ノルディックスキーのジャンプ女子ノーマルヒルで銅メダルを獲得した高梨沙羅(クラレ)、フリースタイルスキーのモーグル男子銅メダルの原大智(日大)が競技から一夜明けた13日、平昌で記者会見した。
 高梨は「ホッとした気持ちと悔しい気持ちが半々。自分を信じて、楽しんで飛べたことが一番の収穫」と述べた。優勝したマーレン・ルンビ(ノルウェー)とは差があり、「目標は金メダルだったが、まだ器ではないと痛感した。次の北京五輪で金メダルを取りたい」と3度目の五輪に早くも照準を合わせた。
 男子モーグルで初めて表彰台に上がった原は「東京都渋谷区出身で、雪国ではない。冬季の種目でメダルを取れたのは誇りに思っていいかな」と笑顔。ただ、決勝2回目で1位となりながら、3回目では順位をキープできなかった。「そこから3位に落ちたので、金メダルを取れたという気持ちはある。次の目標は金メダル」と4年後を見据えた。 

最終更新:2/13(火) 12:05
時事通信