ここから本文です

<ACL>鹿島が前日練習 14日に上海申花戦

2/13(火) 19:26配信

毎日新聞

 J1鹿島は14日、ACL1次リーグH組初戦で上海申花(中国)を本拠地カシマスタジアムに迎え、今季の戦いが幕を開ける。13日は冒頭以外を非公開にして約1時間半調整した。

 全タイトル奪取を目標とした昨季は無冠に終わり、浦和が2度目の優勝を果たしたACLも決勝トーナメント1回戦で敗退した。国内主要タイトル計19冠の鹿島もACLは過去最高が8強止まり。大岩監督は「チーム全体がこの一戦に集中している。ホームを重要視しながらしっかりと目の前の試合を勝ちきっていきたい」とスタートダッシュに照準を合わせる。

 上海申花はコロンビア代表のMFモレノ、グアリンらが攻撃の中心となる。東京ヴから移籍加入して先発が見込まれるDF安西は「ゲームメークができてパンチのあるシュートを持つ外国籍選手が中心で中国人選手もポテンシャルがあるいいチーム。内容よりも勝つ事が大事」と抱負。中盤の底を務めるMF三竿健は「勝つことで勢いが出てくる。ホームだし勝って試合を終えたい」と意気込みを語った。【大島祥平】

最終更新:2/13(火) 20:03
毎日新聞

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合