ここから本文です

日立ソリューションズ、IoTと位置情報を活用した「GeoMation 建築・土木業向けスマートインフラソリューション」を提供開始

2/13(火) 16:22配信

Impress Watch

 株式会社日立ソリューションズは、IoT機器と位置情報を活用し、建設業における現場業務の生産性と安全性の向上を支援する「GeoMation 建築・土木業向けスマートインフラソリューション」を、2月14日に提供開始する。

 日立ソリューションズでは、空間情報ソリューション「GeoMation」シリーズとして、社会インフラや製造業向けに、IoT機器と位置情報を活用した現場作業支援システムや地理情報システム(GIS)を提供している。

 新たに提供する建築・土木業向けソリューションは、GeoMationシリーズのソリューションを活用し、建設現場の生産性向上、安全性向上を支援する。

 作業員の位置を把握し、安全性向上を支援する「作業員安全支援ソリューション」では、作業員や建設機械に装備・搭載したスマートフォンにより位置情報を収集し、作業員に建設機械の接近を通知する。危険エリアを登録することで、作業員の危険エリアへの侵入検知も可能。収集した位置情報は活動軌跡として記録されるため、作業員の作業実績管理や業務効率化の分析にも活用できる。さらに、動画カメラと連携し、事務所などの遠隔地からの作業員への作業指示も実現する。

 建設中のビル、トンネル内の作業員や建設機械を位置把握する「屋内位置把握ソリューション」では、JV(共同企業体)による複数の企業が参加する現場や、作業区画の変更が多い現場、衛星測位システム(GNSS)の電波が届かないビル建設やトンネル工事などの現場の作業員の位置を把握し、工事現場への入退場管理から安全管理、避難指示などを支援する。建設機械や工事道具の位置把握にも転用でき、稼働率向上や工事道具の紛失防止にも活用できる。

 土量体積測定技術で測量作業の効率向上を図る「土量・資材体積測定ソリューション」では、ドローンで盛土や建設資材の航空写真を撮影し、3次元データを元に体積を測定する。時系列で体積量の変化を管理することも可能。土木現場の作業員が危険な場所に行くことなく、効率的に盛土や建設資材の体積を測定できる。

 現場ごとに異なる目的や予算に応じたIoT機器や先端技術を採用。導入においては、顧客とIT技術者が連携し、現場の環境や電力事情などに柔軟に対応するシステムを実現する。

 各ソリューションの価格は個別見積もり。日立ソリューションズでは今後も空間情報の有効活用を幅広く支援し、GeoMationで2020年度に年間150億円の売上を目指す。

クラウド Watch,三柳 英樹

最終更新:2/13(火) 16:22
Impress Watch