ここから本文です

Google、機械学習向けアクセラレーター「Cloud TPU」ベータ版をGCPで提供開始

2/13(火) 17:43配信

Impress Watch

 Googleは12日、機械学習用のアクセラレーター「Cloud TPU(Tensor Processing Unit)」のベータ版を、Google Cloud Platform(GCP)で提供開始した。料金は1時間あたり6.5ドルで、課金は秒単位。

 Cloud TPUは、TensorFlowで実装された特定の機械学習ワークロードの高速化およびスケールアップのために、Googleが一からデザイン・開発した機械学習用のアクセラレーター。

 提供を開始したCloud TPUは、1つのユニットあたり最大180テラフロップスの浮動小数点演算と64GBの超高帯域幅メモリを搭載。これらのユニットは、複数のユニットと接続できるように設計されており、独自の超高速ネットワークを介してペタフロップス級の機械学習向けスーパーコンピューター「TPU pods」としても利用可能で、TPU podsは年内にGCPの製品として提供する予定としている。

クラウド Watch,三柳 英樹

最終更新:2/13(火) 17:43
Impress Watch