ここから本文です

ANA、2018年4月発券分からの国際線「燃油サーチャージ」は現行と同額

2/13(火) 18:27配信

Impress Watch

 ANAグループは2月13日、ANA(全日本空輸)とAJX(エアージャパン)の4月1日以降に発券する国際線航空券に適用される燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)を現行(2月~3月発券分)と同額にすると発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 燃油サーチャージの基準となる、シンガポールケロシン市況価格の2カ月平均(2017年12月~2018年1月)は円貨換算で1バレルあたり8762円であったため、改定基準テーブルの「8000円以上9000円未満」が適用され、現行の設定額を継続する。

燃油サーチャージ(1区間/片道)

北米(ハワイ除く)/欧州/中東/オセアニア:1万500円
メキシコシティ:7000円
ハワイ/インド/インドネシア:6000円
タイ/シンガポール/マレーシア/ミャンマー/カンボジア:4500円
ベトナム/フィリピン/グアム/サイパン:3000円
中国/香港/台湾/マカオ:2500円
韓国:500円

トラベル Watch,編集部:峯岸麻美

最終更新:2/13(火) 18:27
Impress Watch