ここから本文です

ダイハツ、インドネシアで小型車「シリオン」フルモデルチェンジ

2/13(火) 19:38配信

Impress Watch

 ダイハツ工業のインドネシアの現地法人であるADM(アストラ・ダイハツ・モーター)は2月13日(現地時間)、5人乗りの小型車「シリオン(SIRION)」をフルモデルチェンジして発売した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 新型シリオンはダイハツとマレーシアの現地合弁会社である「プロドゥア」のPMSB(プロドゥア・マニュファクチャリング)で生産され、ADMがOEM供給を受けて販売する。

 5ドアハッチバックのボディを持つシリオンは、従来モデルから全長と全幅を拡大。ワイド&ローでスタイリッシュなデザインと、これまでを上まわる室内空間とラゲッジスペースの広さを両立している。また、プラットフォームを改良して操縦安定性やNV性能の向上を実現。パワートレーンではASEAN向けの次世代エンジンとなる1.3リッターの「1NR-VE」型を搭載し、トランスミッションには5速MTと4速ATを設定している。

Car Watch,編集部:佐久間 秀

最終更新:2/13(火) 19:38
Impress Watch