ここから本文です

二ノ宮調教師が勇退、厩舎解散…98年ジャパンC優勝馬エルコンドルパサー手がける

2/13(火) 10:47配信

スポーツ報知

 エルコンドルパサーなど数々の名馬を育て上げた二ノ宮敬宇調教師(65)=美浦=が、今年の2月いっぱいで勇退することが13日、JRAから発表された。定年まで5年を残しているが、一身上の都合で厩舎を解散することになった。

 二ノ宮師は、調教助手などを経て1990年に調教師免許を取得。98年にはエルコンドルパサーでNHKマイルC、ジャパンCを制覇した。翌99年には同馬で長期の海外遠征を敢行し、7月にはフランスのサンクルー大賞で海外G1初制覇を飾った。10月の凱旋門賞では惜しくも2着に敗れたが、世界の頂点にあと一歩まで迫った。

 その後もナカヤマフェスタ(宝塚記念)、レインボーダリア(エリザベス女王杯)、ショウナンアデラ(阪神JF)、ディーマジェスティ(皐月賞)などでG1勝利を積み上げただけではなく、05年以降は、昨年まで13年連続で中央競馬の重賞レースを制するなど輝かしい実績を残したが、惜しまれつつ第一線から身を引く決断を下した。

 二ノ宮調教師「毎週の競馬開催に追われ、厩舎開業から28年が過ぎてしまいました。これまで調教師会会長や、海外遠征等、十分な成果は得られませんでしたが、貴重な経験をさせて頂きました。突然で申し訳ございませんが、65歳になり、外から競馬を見ようと思い、2月末で退職させて頂きたいと思います。今まで支援して頂いた馬主、協力してくれた牧場関係、支えてくれた従業員、応援して頂いたファンの皆様に心より感謝いたします。そして、愛おしい馬達に対しありがとうございました」

最終更新:2/13(火) 11:52
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ