ここから本文です

泉ピン子 村上佳菜子にメロメロも「何で早く辞めちゃったの」

2/13(火) 15:49配信

スポニチアネックス

 女優の泉ピン子(70)と、元フィギュアスケート女子のソチ五輪代表でタレントの村上佳菜子(23)が13日、都内で行われた映画「あなたの旅立ち、綴ります」(監督マーク・ペリントン、24日公開)の公開直前イベント出席した。

 フィギュアスケートが大好きだという泉は、ステージに村上が登場すると「テレビでずっと滑るのを見ていたのよ」と声を弾ませつつも、笑顔いっぱいの村上を見て「ここのところバラエティばかり出て…。緊張感が溶けちゃった顔してますけど」とチクリ。

 さらに、今回、初共演の村上の印象を尋ねられると「可愛い!」と頬を緩ませつつも、「何で早く辞めちゃったの。もうちょっと(次の世代へ)繋ぐまでいなさいよ」と責め、「繋ぎました」と対抗する村上に、泉は「もうちょっとよ!宮原(知子)さんだってやっと回復してきたんだし、(坂本)花織ちゃんだって不慣れなところがあるんだから、もうちょっと頑張って引っ張っていればよかったのに…」とぼやいた。

 また、泉から「女優をやってみませんかって言われたらどうする?」と聞かれた村上が「やってみたいんです私!」と目を輝かせると、泉は「来るよ!オファーオファー!可愛くていいと思う」とテレビカメラにアピール。村上がセリフを覚えに不安を漏らすと、泉は「これね、覚えるしかないのよ。どうやったって覚えるしかないの」といい、「自分のセリフを書いてみたら。書くと頭に入るから」とアドバイス。

 さらに泉は「(オファーが)来たら断らないで何でもやりなさい。挑戦したことで通過点になるかもしれない」と言葉を送り、「もしNGを出しても、その笑顔で『ごめんなさい』って言えば大丈夫よ」と村上にメロメロな様子だった。

 同作は、60年以上にわたりハリウッドを支え続ける大女優シャーリー・マクレーンと、同世代の女性から絶大な人気を誇る若手女優アマンダ・セイフライドが共演し、いくつになっても人生は綴り直すことができるのだという勇気と希望を与えてくれるハートフルストーリー。

 同作にちなみ、今回、泉の半生を綴った“自分史”が制作され、泉を取材した新聞記者から「(終活の1つとして)賞状やらトロフィーを捨てちゃったらしい」と明かされた泉は「洋服とか宝石は主人が誰かにあげればいい。だけど賞は私の血であり汗であるから、それを主人が捨てることは絶対にできないと思うんです。それを片付けてあげるということが、夫に対しての愛情だと思うので」と説明した。