ここから本文です

ドーピング騒動のショートトラック日本男子 5千リレー転倒で決勝逃す

2/13(火) 21:01配信

デイリースポーツ

 「平昌五輪・ショートトラック男子5000メートルリレー・予選」(13日、江陵アイスアリーナ)

【写真】転倒した坂爪から渡辺へ 必死のリレー

 坂爪亮介(27)=タカショー=、吉永一貴(18)=名古屋経大市邨高=、渡辺啓太(25)=阪南大職=、横山大希(23)=トヨタ自動車=で臨んだ日本は2組4位で決勝進出を逃した。

 残り30周となったところで4位に落ちた日本は残り13周で米国をかわして3位に浮上。先行する韓国、ハンガリーを追ったが、残り3周で坂爪が痛恨の転倒。最下位の4位に沈んだ。

 ショートトラック男子日本代表ではこの日、斎藤慧(21)=神奈川大=がスポーツ仲裁裁判所(CAS)によるドーピング検査で禁止薬物アセタゾラミドの陽性反応を示したことが判明。今大会のドーピング違反の第1号となった。

 斎藤は日本選手団を通じてコメントを出し、「身に覚えのないことで不可解」とドーピングについて否定。潔白を証明するため戦う意思を示している。しかし「今、それを要求することはオリンピックを戦っているチームの皆に迷惑をかける」として暫定的な資格停止を受け入れ、チームを離脱した。暗い話題を吹き飛ばすレースを見せたかったが、決勝に進むことはできなかった。