ここから本文です

西鉄、巨人でプレー「切り込み隊長」高倉照幸さん死去

2/14(水) 7:04配信

スポーツ報知

 西鉄、巨人、ヤクルトでプレーした高倉照幸(たかくら・てるゆき)氏が12日午前、福岡市内の病院で死去した。83歳。熊本商高から1953年に西鉄(現西武)に入団し、俊足巧打の外野手として西鉄黄金時代を支えた。三原脩監督の下、1番打者として大下弘、中西太、豊田泰光が中心の「流線形打線」の一翼を担った。「切り込み隊長」の愛称で親しまれ、56年からの日本シリーズ(対巨人)3連覇に貢献した。

 67年に巨人へ移籍。王、長嶋に続く5番を打ち、同年に3試合だけ第34代4番打者も務めた。69年にアトムズ(現ヤクルト)に移籍し、70年に引退。その後、福岡南リトルシニアを指導した。ベストナイン3度。球宴には9度出場した。

 高倉さんと同僚だった元西鉄外野手の玉造陽二氏(81)は「内角打ちの名人。腕っぷしの強い巻き込んで打つバッティングはすごいものがあった。快活で人懐っこく、誰とでも気楽に話ができる方だった」と悼んだ。

最終更新:2/17(土) 21:01
スポーツ報知