ここから本文です

アレクシス「メッシが泣いているのを見た」

2/13(火) 13:53配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

 『Sky Sports』でティエリ・アンリからインタビューを受けたアレクシス・サンチェス。アーセナルからマンチェスター・ユナイテッドへの移籍について語るものだったが、意外にもリオネル・メッシについての話が大きな話題になっている。

 ティティのインタビューが、フットボール選手の生活の良いところと悪いところの質問に及んだとき、このチリ代表フォワードはある悲しい夜の出来事を思い出した。「多くの人々はカメラの裏にある苦しみを何も知らない」サンチェスはそのように語り始めた。

「例えばタイトルがかかった試合を落としたとき、選手たちは心から悲しむことになる。それもフットボールの一部だ。例えばチェルシー戦(チャンピオンズリーグ2011-12準決勝)のあと、バルサのドレッシングルームではレオ・メッシが泣いているのを見た」カンプ・ノウで行われたこの試合、メッシはペナルティキックをポストを当てて失敗している。

「トップ選手たちは高級車に乗って贅沢な生活をする。そんなところばかりがフォーカスされているけど、実際には多くの側面があるんだ。私は長年にわたって多くのことを学んできた。みんなを喜ばせることはできない。どんな結果を出しても、必ず怒っている人間が1人か2人いる」

「それでもこのスポーツは多くの人々に喜びを与えることができると思う。その一方で、フットボール選手は母親の誕生日や家族の行事に参加できないことが多々ある。多くの人々はカメラに映っていない選手の努力を知らない。重要な試合やトレーニングに集中して、自分の子供が生まれるときにそばにいない選手は少なくないよ。でも、それもフットボールの一部なんだ」

Mundo Deportivo