ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

バルサの至宝 マルティネス、148ゴールという驚異的なゴール数

2/13(火) 7:45配信

SPORT.es

ホセ・マルティネスはラ・マシアが持つ「FCバルセロナのメカニズムと共に育成するために、できる限り早く選手達を獲得する」という方針の確かな一例である。バルサはまだ彼の年代の選手を1人も獲得していなかった時期に既に彼の獲得に動き、1学年上の年代の選手達とトレーニングをさせていた事がそれを物語っている。

【ハイライト動画 バルサvs柴崎岳スタメンのヘタフェ】

そして1年後、プレベンハミン(※1)の年齢に達した時、彼と同年代のチームメイト達が加入してきた。ホセ・マルティネスのサッカーに対する情熱は祖母が彼を連れて行っていた村のコートでボールを蹴る事から始まった。

(※1)公式戦が行われる最少年齢のカテゴリー

そこで彼のボールを蹴る姿は1人の男の目を引き、祖母に対し彼にサッカーをやらせるように勧めた。ホセの母は彼が家で非常に落ち着きがなく、じっとしている事ができなかっため、サッカーが彼を良い方向に向かわせるのではないかと考えてその考えに賛同する事にした。

ホセはマスケファでプレーし始めると、すぐに才能を発揮する。ストライカーとしてプレーし、最初のシーズンに彼は148ゴールという驚異的なゴール数を記録した。

その後にマスケファからFCバルセロナに加入して以降、ホセ・マルティネスは左サイドバックを主戦場とするようになった。そのポジションで彼は7人制サッカーの全世代(※2)を過ごした。

(※2)アレビン(11、12歳)まで

11人制に移ってからホセはサイドバックとセンターバックを交互にこなすようになった。
彼のパフォーマンスは常に素晴らしく、現在はフラン・アルティガとチャビ・フランケサ率いるカデーテA(U-16)の主力選手となっている。

彼のストロングポイントは、非常に素晴らしいライン間へのパスを入れる事ができるビルドアップ、そして彼のキャラクターにある。ロッカールームではユーモアのセンスを発揮しており、ジョークでチームに良い雰囲気を作り出している。

バルサでは毎年素晴らしいシーズンを送ってきたが、今シーズンはそれに加えてスペインU-16代表にも招集されており、現在は『UEFA Development tournament』を戦うために代表チームの合宿に参加している。

ホセはクラブの最も有望なセンターバックの1人として考えられており、既にクラブと今後数年間の契約を結んでいる。もし彼がトップチーム昇格を果たした場合、彼はチーム・アスルグラナのカンテラで全てのカテゴリーを過ごした数少ない選手の1人となる。彼の今後の成長に注目しよう。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:2/13(火) 7:45
SPORT.es