ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【映像】バナナが大好物のカンガルー 保護施設で暮らすアルビノ種

2/13(火) 13:57配信

アフロ

 西オーストラリア州グリーナフ(グレナフ)の野生動物保護施設で飼育されているカンガルーのサーバスチョンは、バナナが大好き。
 死んだ母親の袋にいるところを発見されたのが5年前で、体重は僅か800グラムだったそうだ。アルビノ種であることから、それ以来ずっとこのセンターで保護されている。
 それにしても、スローモーションとはいえ、バナナの食べ方がいかにも美味しそう。

(オーストラリア、グリーナフ、2月13日、映像:Caters/AFLO)

最終更新:2/13(火) 13:57
アフロ