ここから本文です

日本海側で記録的な積雪 北陸・東北を中心にさらなる大雪に警戒

2/13(火) 5:29配信

ウェザーマップ

 きょう13日(火)は北日本や北陸の上空に強い寒気が流れ込み、北日本を中心に強い冬型の気圧配置が続く。北日本から西日本では、きょうの夜にかけて日本海側を中心に大雪になるおそれがあり、警戒が必要だ。

 特に北陸や北日本では、すでに平年を大きく上回る積雪となっている所があり、なだれや落雪にも注意が必要となる。

福井市でも再び積雪1m超 大雪警戒 なだれや落雪にも注意

 北日本から西日本では日本海側を中心に降雪が強まり、大雪となっている所がある。
きのうは山形県の大蔵村(肘折)で今年初めて積雪が400センチを超え、観測史上1位の記録を更新したが、午前5時現在の積雪は427センチに達している。
 そのほか、先週、大雪となった福井市でも再び積雪が1メートルを超えており、平年を上回る雪の量になっている。

 西日本の雪は昼頃からは弱まる見通しだが、北日本の日本海側や北陸では夜にかけて雪が続き、大雪となるおそれがある。
 大雪や路面凍結による交通障害に警戒・注意が必要だ。
 また、積雪の多い地域では引き続き、なだれや落雪にも注意が必要となる。

■14日6時までの予想降雪量(多い所)

北陸   70センチ
東北   60センチ
北海道、東海  30センチ
関東甲信    25センチ
近畿   20センチ

最終更新:2/13(火) 5:57
ウェザーマップ