ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

レッドブル、2月19日に“例年より早く“2018年型F1マシンを発表

2/13(火) 8:51配信

motorsport.com 日本版

 レッドブルは、2月19日(月)に2018年型F1マシン”RB14”を発表することを公式SNSで発表した。

動画:ラスベガスでドーナツターン。フェルスタッペン、SEMAショーでRB7をドライブ

 レッドブルが可能な限り発表を遅らせて開発のための時間を最大限にすることは恒例のことである。しかし2018年は、シーズン前テストで走行距離を稼ぐことに集中するという新しいアプローチを採っているようだ。

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは昨年、次のように語っている。

「我々は少しだけ早くマシンを発表することを目標にしているが、デザインをまとめるとなると制作スケジュールはかなりタイトなものになる。それでもテスト開始より5日早くマシンを完成させるということは、優勢になれるという点でかなり価値がある」

「我々の目標はシーズン前テストで100周以上を走破することだ」

 F1チーム別の新車発表会の日程は以下の通りである。

メルセデス:2月22日
フェラーリ:2月22日
レッドブル:2月19日
フォースインディア:未定
ウイリアムズ:2月19日
ルノー:2月20日
トロロッソ:2月26日
ハース:未定
マクラーレン:2月23日
ザウバー:2月20日