ここから本文です

女体盛り超えた「NYOTAIMORI」 女性代表が仕掛ける「違和感」の美

2/13(火) 17:02配信

BuzzFeed Japan

「女体盛り」と聞いて、あなたは何を想像するだろうか。昭和のエロ親父? いかがわしい宴会芸? そんな卑猥なイメージを一新する、「NYOTAIMORI TOKYO」の美しいパフォーマンスが注目を集めている。BuzzFeed Newsは、代表のMyuさんと広報でモデルのzaqiさんに活動の狙いを聞いた。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

興味津々な女性客

昨年11月、ある結婚パーティーでNYOTAIMORI TOKYOのパフォーマンスを見た。

幻想的な音楽が流れるなか、魔女が女性の体を花や真珠で装飾し、聖水を振りかけ、ケーキを盛り付ける。さながら「儀式」の趣で、気品に満ちた妖艶さこそあれ、下世話な印象は皆無だ。

花嫁が女体盛りケーキへの入刀を終えると、好奇心にかられた女性客が集まり、次々にスマホで撮影し始めた。男性客の方が、むしろどぎまぎと気後れしているように見えた。

「男性より女性がノリノリなことは結構ありますね。女性に喜んでいただけると、『あ、勝ったな』と思います」(Myuさん)

「男の人は、どうやって見たらいいのか少し戸惑うみたい。でもそこは、戸惑わせたいですね(笑)」(zaqiさん)

誕生日パーティーで「女体盛りケーキ」

Myuさんが初めて女体盛りを企画したのは、22歳の誕生日パーティーだった。「女体盛りケーキがほしい」というMyuさんの突拍子もない要望に応え、友人がモデルを務めてくれた。

「撮影やヘアメイクといったビジュアルづくりもカチッと決めて…。それがすごく面白かったんです。これを突き詰めて仕事にできたらいいなって」

その後もプライベートのパーティーで女体盛りをする機会があり、評判が評判を呼んで、依頼が舞い込むようになったという。

利用客の9割は外国人

もともと現代アートに関心があり、アルバイトや飲食店経営をしながら創作活動に打ち込んできたMyuさんにとって、女体盛りは作品づくりの延長だ。音楽や照明、メイク、衣装からモデル、食材選びに至るまで、細部にこだわり抜く。

寿司、中華、フレンチ、スイーツなど、料理のメニューは多彩。リクエストに応じてショーの演出も変える。食材がモデルの肌に直接触れないよう、衛生面にも気を配っている。

利用客の9割を、外国人の観光客やビジネスマンが占める。友人同士の4、5人の会合から、出席者が100人を超える大規模なパーティーまで、幅広く手がける。

1/3ページ

最終更新:2/13(火) 17:34
BuzzFeed Japan