ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

プライベートジェットはおいくら? どのような飛行機がありどのくらいの価格なのか

2/13(火) 16:11配信

乗りものニュース

セレブのステータスといえば

 ハリウッドの映画スターやアラブの王族、そして大企業の社長などセレブが利用するプライベートジェット。実際に個人所有となると、どれくらいのコストが掛かるのでしょうか。また、どのような航空機があるのでしょうか。

【写真】もう見るのは難しい? 「トランプ・フォース・ワン」

 プライベートジェットは、一般的にはビジネスジェットと呼ばれ、「ホンダジェット」のような6、7人乗りの小型機から、ボーイング737ベースの「BBJ」のように最大で40名程度が乗れる機体など、様々な機種があります。ガルフストリーム・エアロスペース(アメリカ)の「ガルフストリーム」、ボンバルディア・エアロスペース(カナダ)の「グローバル」や「リアジェット」、ダッソー(フランス)の「ファルコン」などが有名です。

 では、いざビジネスジェットを購入する場合ですが、機体本体の価格はどのくらいなのでしょうか。航空機を扱う総合商社、双日(東京都千代田区)に聞いてみました。

――どのような機種を取り扱われていますでしょうか?

 主力商品としてはロングレンジといわれるもので、日本からアメリカの東海岸までノンストップでフライトできる機体となります。具体的な機種名としては、ボンバルディア社の「グローバル6000」、ガルフストリーム社の「G650」が挙げられます。

――機体の価格はどれくらいでしょうか?

 新規購入する際の価格帯はいずれも6000万ドルから7000万ドル(約65億円から80億円)くらいとなります。

メンテナンス次第で寿命は50年にも

――ほかにはどんな機種が人気でしょうか?

 ビジネスジェットの機種は幅広く、欧米で人気な航続距離が2000km程度の「Very Light」といわれる機体もあります。こちらは「ホンダジェット」などが対象となるレンジで、価格も1000万ドル(約11億円)以下で購入可能となります。

――中古購入の場合は、どれくらいの価格でしょうか?

 機齢(機体の年齢)によって大きく異なってきます。飛行時間などによって大きく異なりますが、おおまかに毎年5%から10%程度、機体価格が下落していくイメージとなります。ビジネスジェットは民間機に比べて飛行時間が少ないため、メンテナンスをしっかり行えば30年から50年飛ぶことができると言われています。

※ ※ ※

「ホンダジェット」は、ホンダの子会社で航空機事業を展開するホンダエアクラフトカンパニー(アメリカ)が製造、販売しており、2017年上半期には小型ジェット機の出荷数で世界首位に立ちました。「空飛ぶスポーツカー」とも称される「ホンダジェット」の価格は、「2017年のベースプライスで490万ドル(約5億4千万円)になります」(ホンダ)とのことです。前出のとおり「ホンダジェット」は「Very Light」というカテゴリーに分類されるもので、ビジネスジェットのなかでは最も小型でかつ安い価格帯になるそうです。

1/2ページ