ここから本文です

「教育・子育て」重点予算 仙台市議会 2月議会開会

2/13(火) 19:03配信

仙台放送

仙台放送

仙台市議会の2月議会が、13日に開会しました。郡市長の施政方針の柱は「人」と「まち」。公約で掲げた教育や子育て政策の充実を目指す方針を示しました。

13日に開会した仙台市議会・2月議会には、あわせて76の議案が提出されました。
新年度の当初予算案は一般会計が5390億円と復興事業の進展などをうけ前の年よりも1.6%減少しています。

仙台市 郡和子 市長
「子供たちが健やかに育ち、学びながらこの街に愛着を抱き、将来への希望を膨らますことができる環境づくりに力を注いで参ります」

郡市長が最優先と位置付ける「いじめ防止対策」には、前の年より1割増しの約13億5千万円を計上しスクールカウンセラーの増員やSNSを利用した相談態勢を強化します。
また、教師が子供と向き合える態勢をつくるための「35人以下学級の中学2年生への拡充」に3億円あまりと重点的に予算を配分しています。
2月議会の会期は来月14日までの30日間です。

最終更新:2/13(火) 19:03
仙台放送