ここから本文です

広島の藤井 1軍定着へアピール 山陽高出、中継ぎ陣の一角狙う

2/13(火) 22:43配信

山陽新聞デジタル

 球団初のリーグ3連覇に挑む広島で、速球派右腕が1軍定着へ向けてアピールしている。入団4年目の藤井皓哉(山陽高出)。「ワンポイント、ロングリリーフなど場面を問わずどこでもやる」。昨季1軍で待望の初登板を果たした21歳は中継ぎ陣の一角を狙う。

 宮崎県日南市の天福球場を拠点に1日から行われている春季キャンプ。2年ぶりに1軍スタートとなった藤井は最速150キロの直球の切れやコントロール、決め球のフォークの精度向上をテーマに掲げる。ブルペンでも「首脳陣にいい印象を与えたい」と一球たりとも気を抜かない。8日のシート打撃では、バティスタら打者8人に対し被安打1、3三振を奪った。

 リーグ終盤のDeNA戦で1軍デビューし、中継ぎとして2試合に登板した昨シーズン。さらなる飛躍を見据え、「ボールを握らない日はなかった」とオフも投げ込みを重ねてきた。実績十分のジャクソン、今村猛、一岡竜司ら中継ぎ陣の壁は高いが、「チャンスはあると思ってやっている」と意欲にあふれる。

 笠岡市出身。プロ入りの土台を築いた母校・山陽高は昨秋の中国大会を制し、今春のセンバツに初出場する。オフに帰郷した際、恩師の堤尚彦監督から「お前には負けんぞ」とハッパを掛けられたという。「1軍で投げ続けることで対抗したい」。後輩たちの活躍も励みにサバイバル競争を勝ち抜き、まずは開幕1軍の座をつかむ。